青森県あすなろリーグがスタートしました

 今年度から、青森県の4種リーグが『JFA U-12サッカーリーグ2021青森県あすなろリーグ』と名称が変わり開催されている。1部は県のトップリーグとなり、青森FCを含めた8チームで構成されている。昨年度の県リーグ東地区の上位4チームと西地区上位4チームである。2部は、県内を東地区と西地区に分け、それぞれが8チームの計16チームとなる。3部は、各地区(6)の地区リーグとなった。
 昨年度の6年生が残留を決めてくれたおかげで、トップリーグにいるわけだが、もちろん降格すれば、来年は2部リーグとなる。昨年度の成績による新チーム同志の対戦となるので、戦力が年度が変わっても維持できなければ、降格を免れることはできない。新人戦の結果でトップリーグを構成するやり方もあるだろうが、チームの継続性というリーグ戦の趣旨からすれば、致し方ないだろう。
 この少子化の中で、クラブを継続させることが非常にむずかしい時代となっている。青森県少年サッカー大会の地区予選も2nd,3rdチームを除けば10チームのエントリーである。多い時には16チームがエントリーしていたものだが・・・・

2021年04月30日